卵巣嚢腫 手術体験記録⑥入院4日目

卵巣嚢腫手術後 入院4日目

 

手術後2日目。

 

昨日よりも、明らかに体調が回復しているのを感じた。

 

 

歩くと、みぞおちが痛くなるけど

痛いのを我慢して、少し横になって休むと

痛みが和らいで

その繰り返して、少しづつよくなっているのを実感した。

 

 

自分の中で、痛みが減っていく法則があるような気がして

それを繰り替えしていた。

 

 

歩く→みぞおち痛くなる→ベッドで横になる

このベッドで横になている時に、片足を立膝にすると

ガスが出やすく、その後に痛みが落ち着く気がした。

 

 

 

それを繰り替えしていると、少しづつガスが体から抜けていくような感覚があって

何度も、体調が戻っては歩いて 横になって ガスを出してを繰り返した。

 

 

ガスが、鎖骨や肩あたりにくると

けっこうな痛みが来るのですが

看護士さんに湿布を貼ってもらうと

これが、すごく効いてびっくりした!

ロキソニン入りの湿布だった。

(術後の背中の痛みの時に、湿布をお願いすればよかった!

と心から思いました。)

 

 

 

この日、ポールなしでも少しづつ歩けるようになり

シャワーにも入れた。

 

 

 

傷口には防水テープが貼ってあったので

しみることもなく、シャワーを浴びることができました。

 

 

ドライヤー後の爽快感を久しぶりに味わった!!

 

 

 

シャワーの後、一寝入りすると

さらに体調が回復。

 

 

 

 

調子にのってこの後歩き過ぎたら

また、みぞおち 肩 脇腹が猛烈に痛くなり

この日の夕飯はあまり食べられなかった。

 

 

 

夜、眠るときに咳が出るようになった。

寝たまま咳をすると、おなかが張り裂けそうで怖いので

ベッドの手すりをつかみながら、その都度体を起こして咳をするのが

きつかった。

 

 

担当医に確認すると、

酸素の管の影響もあると思うので

なるべく水分をたくさんとって下さいとのことだった。

 

 

咳をして、傷口が開いてしまうことはないと思うけど

お腹のところに手を添えて咳をすると

少し、咳をするときのお腹の感じは落ち着きますよ

とレクチャーして頂き

それに従ったら、本当に咳の度にお腹の傷が裂けてしまいそうな

感覚がなくなった!

 

 

さすがお医者様だと思いました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

もしよかったら、応援クリックして頂けると更新の励みになります。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村