卵巣嚢腫手術体験記録④手術当日 手術から目が覚めて

 

手術が終わって

 

 

病室に着き

 

すぐに、眠りにつけると思っていた。

 

 

 

手術が12時半にはじまって

15時半ごろ病室に着いた

手術は一時間半かかり、

そこから、麻酔が冷めるまで一時間半ほどかかったようだった。

 

 

意識がしっかりしはじめてから

胃の痛みの背中の痛み

で全く眠れなかった。

 

 

特に痛かったのは

 

特にひどかったのは、

背中の痛み。

 

 

手術中

手術ベッドの上に固い板のようなものを敷いていたので

寝ている時間が長いと

痛みを強く感じるらしい。

 

 

体には

酸素の管

尿管

血圧計

点滴が繋がれていた。

水分は取れない。

 

 

フットポンプはついていなかったので

繋がれていること自体はそれほど苦ではなかったのだが

(尿管も体外受精で経験済みでした)

 

 

とにかく、背中が痛い。背中を寝違えたような痛み?

もうずっと寝ていられない痛み。

 

 

意識もはっきりして

手は少し動かせたのに、体が動かせないのがツライ。

足を片方、膝を立てるような感じにすると

少しだけ楽になる気がした。

 

 

寝苦しい夜が延々と続くような感じだった。

 

 

看護師さんの対応

 

看護師さんが、

夜中も一時間おきに

体温

酸素濃度

血圧を測りにきていて

 

 

全然眠れない

背中が痛いというと

 

自由に寝返り打っていいですよ

と言われた。

 

 

でも色々な管にもつながれているし、

何より、

横になろうとすると

お腹の中で、

ゴロゴローと何かが移動するような感覚があった。

今思えは、ガスだったのかもしれない。(イメージでは内臓が動いている気がした)

その、おなかのドローと流れるような感覚も怖くて

余計に寝返りが打てなかった。

 

 

 

看護師さんが、

横を向きやすいように。

背中の下に斜めになったマットを敷いてくれた。

ありがたかった。

 

 

でも、痛みは治まらず。

 

 

背中と

お腹?胃?が痛いことを伝えたが

痛み止めの点滴も何時間に一回というのが決まているらしく

痛み止めはこれ以上使えませんと言われた。

 

 

他のブログんで、睡眠導入剤をもらったということを書いているのを見ていたので

睡眠導入剤を入れて欲しいと伝えましたが、それもダメでした。

 

 

病院によって、対応は違うようです。

 

 

 

でも、手術したところよりも、

背中の方が痛かったのはよかったのかもしれない。

 

 

 

 

とにかく早く朝になってくれー!

と願った夜だった。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

もしよかったら、応援クリックして頂けると更新の励みになります。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村