卵巣嚢腫 治療経過②

 

 

卵巣嚢腫 チョコレート嚢胞の治療のため病院に検査に行ってきました。

 

 

5.9センチのチョコレート嚢胞があり、

3ヶ月に一回病院で定期検査を受けています。

 

 

 

今回、前回の投げやりなお医者さんの言葉を胸に

どんなふうに言われるのかと思いながら病院に行きました。

 

 

 

3ヶ月ぶりに会うお医者さんはずいぶん成長していて

話もしっかり聞いてくれるようになっていました笑

もしかしたら誰かに何か言われたのかもしれません。

 

 

 

 

今回検査の結果サイズは6センチ。サイズはかわって はいませんでした。

 

ただその6センチと言うのは、卵巣と卵管が合体して6センチになってるようにMRIの結果では見えるとの事でした。

でもその6センチは卵管が何センチで卵巣が何センチになっているかと言うのはMRIだけでは分からないとの事。

 

 

今後の事についてどうしたいいか相談すると、このまま様子を見るか

もしくは手術で取るかと言う選択でした。

 

 

 

チョコレート嚢胞をずっとお腹の中にあるままにするリスクは

やはり癌化が怖いということです。

 

 

 

大体手術になる目安は6センチ以上だそうです。

ちょうど6センチだと何となく迷ってしまいます。

 

 

 

最短での手術がいつごろになるのかと確認したところ、

今は手術がとても混んでいて、最短でも取れるのは4月。

 

 

 

とりあえず手術の予約を入れて、もしやっぱりやめようとなったらキャンセルしても構わないよーとおっしゃっていただいたので、4月に卵管と卵巣切除の手術予約を入れました。

 

 

入院期間は大体1週間ほどになるそうです。

2月にまた経過観察があり、3月に手術前の検査をしていくという 流れ。

怖がりなので怖いと言う気持ちが優先してしまいまだまだ不安な気持ちが続いています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

もしよかったら、応援クリックして頂けると更新の励みになります。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村