子なし夫婦の人間関係。ご近所付き合い。

子なし夫婦の人間関係。

 

 

 

 

子なし夫婦14年目

 

不妊治療を始めたころから

私の中で大きな課題になってきたのは

 

人間関係

お金の事

働き方

 

この3点でした。

 

 

特に人間関係については今でも一年の中で

気持ちの浮き沈みがあります。

 

 

 

ご近所付き合い

 

 

引っ越してきて約10年になりますが

ほぼお付き合いはありません。

 

 

環境は

田舎の住宅街で

60~70代

30~40代

のご家族が多い場所です。

 

 

私達は世代的には

30代~40代ですが、

どこのご家族もお子さんがいる世帯。

 

 

お子さんつながりで

もうママ友のグループみたいなものができてしまっているので

自治会の集まりがあっても、

40代の子供がいるグループ

60代の世代でグループが出来てしまっていて

どちらのグループにも入れませんでした。

 

 

最初のうちは

団地の中で、仲間はずれのような気分になったりもしましたが

今は、気にせず

挨拶だけは気持ちよくするようにしています。

 

 

 

 

挨拶を毎回していると

いつもゴミ捨てに行く時にすれ違ったり

散歩に行くときに擦れちがったりするときに

少しだけ話せる人ができました。

ですが、それ以上の関係ではなく

すれ違った時に、挨拶+αを話す位です。)

 

 

 

犬を飼っていた時は

同じように、犬の散歩をしている方と話したりすることも

ありましたが

犬が亡くなってしまってからは、散歩中に会う犬友さんとも会うこともなくなりました。

 

 

班は違いますが

とてもお話し好きの方が近くに住んでいるので

その方が、庭にいると話かけてきてくれたり

私達も話かけたり、世代は違いますが親しくさせてもらっています。

 

 

 

引っ越してきて数年は

あそこのお家、子供がいないんだって

という噂をされていたようで

話したことも、どこの家に住んでいるのかも知らない方にも

「おたくの家、子供がいないんだって?」

とちょこちょこ言われたりしていました。

 

 

 

家の周りには

世代は違いますが

何世帯か子供がいないご家族がいます。

 

 

 

 

夫婦の時間を楽しんでおられる方が多いです。

 

 

子供がいない者同士で・・・

というつながりは特にありません。

 

 

なので、近所付き合いは

すれ違ったら元気よく挨拶はする

挨拶+少しだけ立ち話する

よく話しかけてくれる近くのかた。

 

 

のみです。

 

 

 

引っ越して来た時は

ご近所の方と仲良くワイワイするものと思っていましたが

今は、こんな小さいご近所付き合いにもすっかり慣れて

近所付き合いが少ないことも気にせずに暮らしています。

 

 

 

挨拶 +少し立ち話するくらいの関係が今はちょうどいい。

 

 

 

よく話しかけて下さるご近所の方は

植物が好きという共通点でつながりました。

その方と仲良くなれたのが一番大きな救いとなっています。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

もしよかったら、応援クリックして頂けると更新の励みになります。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村