子なし主婦の働き方。在宅で働いて5年目で思うメリットデメリット。

 

在宅ワークのメリットデメリット。

現在、在宅ワークを始めて、5年目になります。

 

 

在宅ワークを始めたきっかけは、不妊治療で職場を辞めたと言うことがきっかけでした。

少しでも生活費を稼ぐために

家で何かできる仕事がないのかなと思ってスタートしたのが

在宅ワークです。

 

 

ものづくりを仕事にしています。

 

 

 

 

最近、コロナの影響か在宅ワークのことで興味があると聞かれることがあるので

自分の中で感じるメリットデメリットを書こうと思います。

 

私の感じる在宅ワークのメリット

 

  • 家族のスケジュールにある程度合わせることができる。
  • 天気の良い日にいつでも布団を干すことができる!幸せです♪
  • 友達とのスケジュールに合わせやすい。
  • 自分の家で自分のペースで行っているのでストレスが溜まりにくい。
  • 人間関係気にすることなく働くことができる。
  • 自分の思うように仕事の方向を考えることが出来る。

 

私の感じる在宅ワークのデメリット

  • スケジュール管理から商品の発案・制作・集客宣伝.経理・事務処理まで1人で全て行わなけらばならない。(私の場合は、外注などもしていないので、やることが多いです。)

その為、仕事のストレスはありませんが、収入は全て自分の手にかかっていると思うと毎月のプレッシャーはあります。でも、その分やりがいが大きいです(*^^*)

 

  • 周りの人から仕事をしていると思われない(‘_’)

常に車が家にある状態なので、ずっと家にいて暇してるんだなと思われています。

そのためちょっと外に出ると、すぐに立ち話に捕まり逃げられなくなります。

 

 

・今回コロナでテレワークなど導入した会社が増えましたが、普段から在宅の仕事なので

人と関わることもなく影響はほとんどありませんでした。

家で自分のペースで仕事ができるというのがすごくいいなと思ったのが今回のコロナで特に実感しました。

 

 

まとめると・・・

 

ずっと家で働いていると、ほとんど人との付き合いもないですし、外で働いたほうがいいのかなと思うこともありますが、(在宅ワーク当初は孤独な気持ちになりました。)

 

休みの日は夫と一緒にゆっくりできるので、

夫婦仲良くやっていくと言う意味では私には合っていたかなと思います(*^-^*)

 

そして、なによりモノづくりはお客様から、喜びの声を頂けるので

心にも栄養がたまっていく気がします!

作ってお届けできることが本当に嬉しいです。

 

 

不妊治療で、心がダウンしていたのが、上を向いたのは

間違いなくものづくりの仕事おかげでした(*^-^*)